madocoの基礎知識 窓ガラスの種類

madocoの基礎知識 窓ガラスの種類

①フロートガラス
一般的な通常のガラスで、外観が無色透明なもの。売込の第一候補。
②熱線吸収ガラス
外観が薄い水色、緑、茶に着色してあるガラスで、太陽光の赤外線を吸収する作用を持っています。これらのガラスにmadocoをコーティングする事が、すでに赤外線吸収の効果があるため、madocoによる温度低下効果は少なくなります。しかし、まだ侵入してくる赤外線のカット及び、紫外線のカットには効果があります。
③熱線反射ガラス
外観が鏡のようなガラスで、金属の薄膜がガラス表面につけてあるもの。madocoをコーティングすると膜が二重になってしまい、この際に光の屈折率の変化で塗膜が虹色になる危険性があります。部分的に試し塗りを行い、お客様に納得して頂た上で施工するようにして下さい。
④網入りガラス
飛散防止を目的としたガラス。材質はフロートガラスと同じです。madocoはガラスに近い硬度を持っているため、膨張率の違いによる熱割れの危険性は、フィルム等に比べると非常に低いので、網入りガラスへのコーティングの需要があります。

他にも、3階以上の窓に直接貼ってある“消防隊進入口の赤い逆三角形▼が貼ってある窓 には、フィルムは貼れませんがmadocoならコーティングする事が、 可能です。(右図は、建物内側から見たステッカーです。) 補足事項・・・コンビニや店舗の窓にはすでにステッカーなどが貼って ある場合が多いですが、ステッカーを避けてmadocoをコーティングす る事は可能ですが、ステッカーに予備などがある場合はめくってからコ ーティングをお勧め致します。

※▼が貼ってある窓にフィルムを貼ると、火災時に場外からそのガラスを割って侵入出来なくなるトラブルが発生してしまいますので、フィルムを貼る事は出来ません。

事業のご案内

PAGE TOP