緑化工法6つの特長

緑化工法6つの特長

1.工事も簡単、工期は1/2以下
グリーンラグは、軽量な平板を置くだけ。面倒な排水工事、土の荷揚げ、客土工事は一切いりません。
だから工期も従来緑化工事の1/2以下です。
2.トータルコストが安い
グリーンラグは、材料が安価で施工が簡単。 だから、従来の客土を使用した緑化工法に比べ、1/2のコストで緑化できます。
3.自由にデザイン、家庭菜園、ガーデニングに
屋上だけでなくテラスでも、どこでもグリーンラグを置くだけで、どんな形の場所でも自分の思ったとおりに緑をデザインすることができます。敷地の一部だけの施工も可能。必要な場所に必要な分だけ、丁度いい庭がデザインできます。ガーデニング、家庭菜園だって可能です。
4.エコロジー、省エネ
屋上緑化は、植物の持つ自然な吸熱効果により、建物自体の温度を下げるので、ヒートアイランド現象を和らげる効果があります。また、建物の温度を一定に保つ効果があるので、夏は-4℃程度の断熱効果、冬は保温の効果があり、断熱材の代わりとして有効、省エネにもつながります。
5.建物にやさしい超軽量平板
グリーンラグは、水分をいっぱいに吸い込んだ状態でも50kg/m2と従来の1/10以下の超軽量。建物に負担をかけずに緑化できます。
6.グリーンラグを置くだけです
植物を植えるからといって、土を持ってきて土台を作って、そこに植えていくわけではありません。 一枚のグリーンラグを置くだけで、それが土の代わりになってくれます。 従来の工法のように排水用のマットを下に引くわけでもないので、工事はいたって簡単です。

屋上緑化の3つの考え

1.エコロジー、省エネ

夏は断熱の効果。冬は保温の効果。
地球にも人にもやさしいのが屋上緑化です。
近年の都市部での気温の上昇は、建物自体が熱を持ってしまうヒートアイランド現象が原因とされています。
屋上緑化は、植物の持つ自然な吸熱効果により、建物自体の温度を下げるので、ヒートアイランド現象を和らげる効果があります。また、建物の室温を一定に保つ効果があるので、夏は断熱の効果、冬は保温の効果があり、省エネとしても大変有効です。

2.自由に簡単にデザイン出来る庭

屋上でもテラスでも緑化はとても簡単。
どんな場所にも思い通りの緑を提供します。
どんな形の場所でも自分の思ったとおりに緑をデザインすることが出来ます。屋上だけではなくテラスでも、どこでもグリーンラグを置くだけで、簡単に思い通りのお庭の完成です。敷地の全部を緑化するのではなく、一部分だけの施工も可能。必要な場所に必要な分だけ、丁度いい庭がデザインできます。

3.癒しの緑

空に近い場所で、季節とともに生活する。
緑のある暮らしはこんなに豊かです。
例えばお昼にちょっとご飯を食べる公園に。広々とした場所でペットを育てる庭に。ご友人を招いてのバーベキューに。四季折々のお花を植えて、本格的なガーデニングも出来ます。日本の豊かな季節を感じながらの生活。暮らしの中にある緑が、心にゆとりと優しさをもたらしてくれます。
  • 緑化工法6つの特長
  • 環境に合わせた活用例
  • 施工の流れ
  • 浦沢美奈が提案する 緑いっぱいのライフスタイル
  • 屋上緑化施工例

事業のご案内

PAGE TOP